「日本パエリア協会ブログ」の記念すべき1記事目は、「バレンシア風パエリア」についてです。

「パエリア」とは=「バレンシア風パエリア」のこと


バレンシアの人々が普通に「パエリアを食べよう!」と言ったらどの種類のパエリアだと思いますか?

この場合は100発100中「バレンシア風パエリア」(Paella Valenciana、パエージャ・バレンシアナ)、つまり鶏肉、ウサギ肉、ガラフォン豆、モロッコいんげん、トマト、カタツムリやアーティチョーク(この2つは入れたり入れなかったり)の入ったパエリアになります。

バレンシア市内のレストラン、Restaurante de Anaのバレンシア風パエリア。日本だけではなく、スペインの他の地域に行っても圧倒的に人気は魚介のパエリアになると思いますが、バレンシアで不動の人気を誇るのは「バレンシア風パエリア」です。出汁も使わず素材から出るうまみを最大限に引き出す技量が必要で、地味な見かけに関わらず奥が深い料理です。
実はバレンシア在住10年になる私も、いまだにバレンシア風パエリアの味にはブレがありまだまだ研究中です。

スペインの他の地域やスペイン国外では圧倒的に魚介系のパエリアが人気ですが、バレンシアを訪れる際にはぜひお米料理専門店(Arrocería、アロセリア)で、地元バレンシア人が愛してやまない「バレンシア風パエリア」をぜひお試しください。
外国人であるわたしたちが魚介系ではなく、「バレンシア風パエリア」を頼んだら、「お、こいつわかってる!」と一目置かれること間違いなしです。

ちなみに、バレンシア人が顔をしかめる、観光客相手のレストランに多いパエリアってなんだかわかりますか?

正解は「ミックスパエリア」。Paella Mixta(パエージャ・ミクスタ)と呼ばれる、魚介と鶏肉のパエリアでした!

注)Paellaの発音は、日本名はパエリア、スペイン式発音はパエージャで統一させていただきました。

————————————————————————

盛 千夏(もり ちなつ)
Facebook:https://www.facebook.com/mori.chinatsu
スペイン庶民生活@バレンシア:http://www.spainseikatsu.com/
バレンシア・スペイン留学:http://valencia-ryugaku.com/
バレンシア・ナビ:http://valencia-navi.com/
プエンテ・スペイン留学:http://puente-ryugaku.com/