2014年7月5日に開催予定のパエリアコンクールのQ&Aを公開しました。


Q.バレンシアパエリアって何?

A.パエリア発祥の地バレンシアで生まれた料理、鶏、ウサギ、野菜を使ったパエリア
世界コンクール、日本コンクールではこのパエリアを作って競います。


Q.作り方は?

A.炭で熱したパエリアパンにオリーブオイルを入れ鶏、ウサギ肉をパエリアパンで炒め(炒める度合いは各自の好み)、その後花豆、白インゲン、モロッコインゲン(各自の分量)を入れる。炒めた具材にトマトピュレを投入。トマトの水分を飛ばした後、水、調味料類(各自の分量)を入れ沸騰させる。
米を入れ約15~20分で完成。
入れる順番、炒め方、味(塩)加減で各店舗の味に違いが出ます。

【参考動画】

http://www.youtube.com/watch?v=1QpvPXWSu90
http://www.youtube.com/watch?v=eAfm6PAbk5k
http://www.youtube.com/watch?v=LeruM9XVm9A


Q.当日のタイムスケジュールは?

A.朝10時に集合していただき受付。11時から開会式、その後受付テントに食材を取りに来ていただく。12時開始まで各組、食材確認、炭台用意(炭に火をつける)。12時から一斉に調理開始で出来上がり次第終了。14時までに仕上げていただくという形になります。(2時間)
審査基準はまずは見た目、お米の硬さ(水の量)味(塩加減)おこげの主にこの4点になります。
出来たチームから審査試食に入ります。
審査員は全員で約8人、内スペイン協会本部から2名(予定)です。
17時に結果発表、表彰式という流れになります。


Q.参加者の持ち物は?

A.必要な機材・食材すべて用意しております。


Q.禁止されていることは?

A.記載外の食材持ち込み、使用。


Q.炭台はどんなものを使うの?

A.
こちらに木炭を入れて使用します。
http://www.garcima.com/portfolio/barbacoa-rustica-multiusos/#prettyPhoto


Q.食材はどういう状態で渡されるの?

A.全てカット済みのものをお渡しします。包丁は使いません。


Q.炭の理由は?

A.世界コンクールではオレンジの薪を使用するのですが今回の会場は近隣に建物があるため煙の出にくい炭を使用します。